Top >  >  買い取ってもらった教材は

買い取ってもらった教材は

英会話教材の買取をお願いするなら「いくらで買い取ってもらえるの?」「買取時期はいつ?」「私の手を離れた教材は、どこへ行くの?」といった疑問も解決しておきましょう。買取をお願いするということは「今まで一緒に過ごした大事な教材が、誰かの手に渡る」ということです。行方が気になりますよね?特に「自宅の押入れに眠らせておくよりは、誰かに使ってもらいたい」として手放した人は、業者の倉庫に在庫として眠っているのは、悔しい思いがするかもしれません。

英会話教材をはじめ、様々な教材を買い取る業者は、それを販売することで利益を得ています。販売ルートは業者によって様々です。実店舗をかまえて、そこで販売していることもありますし、ネットショップでの販売もあります。またネットオークションで販売するケースもあります。他業者に売るというケースもあります。

もしも、どうしても「自分の商品の行方を見届けたい」「確実に使ってくれる人に譲りたい」という人は、近所の人に譲るとか、自分でネットオークションやフリーマーケットに出す、ミニコミ誌・タウン誌に「譲ります」という広告を出すという方法もあります。ただ、この場合には確実に売り渡せるとは限らず、売り渡すことが決まった場合にも、自分で「買いたい人」と価格交渉をして、梱包、発送をして、その後のフォローも必要であればする、という作業が必要になります。専門の業者に買取をお願いするほうが、手間隙がかからず中古教材の買い手がつく可能性も高まるといえます。

関連エントリー

・英会話教材買取の流れ
・梱包と発送の注意点
・買い取ってもらった教材は