Top >  >  梱包と発送の注意点

梱包と発送の注意点

英会話教材を買い取ってもらうと決めたら「店舗へ持ち込む」「引き取りに来てもらう」「宅配便などで送る」のどの方法を選ぶか、決めましょう。店頭買取や出張買取を希望する場合には、事前の予約が必要な場合もあります。査定のできるスタッフの方がいなければ、商品の査定・金額の決定に時間がかかることもあります。また、教材の引渡しをして「すぐに」お金を受け取れる場合もありますが、業者によっては「時間がかかる」という場合もあります。特に宅配便で買取をお願いする場合には「発送から入金まで」の期間が長いです。そのため「どうしてもそのお金が必要だ」という日の10日以上前には、発送できるようにしましょう。

梱包に関しても、注意が必要です。英会話教材はDVDやCDであることも多いのですが、これらは傷つきやすいものです。梱包する場合には、段ボール箱に入れるだけではなく、緩衝材のようなもので包むと共に、段ボール箱にできた余分なスペースに新聞紙、不要の衣類などを詰めて、英会話教材が「動かないようにする」ということも大事です。教材の外箱が傷ついた場合にも、査定額が下がることがあります。

また、水濡れ・湿気への対策もできるだけのことをしましょう。あなたの荷物を積んだ宅配便業者のトラックが走行するのは、雨の日・湿度の高い日の場合もあります。ビニールなどで教材がぬれないように工夫をしましょう。湿度の高い時期には、乾燥剤の使用も考えましょう。高価な英会話教材を買取してもらう場合には、自分の手で店舗まで持ち込むほうが安心かもしれませんね。

関連エントリー

・英会話教材買取の流れ
・梱包と発送の注意点
・買い取ってもらった教材は