Top >  >  買取業者に「電話する」意味

買取業者に「電話する」意味

英会話教材の買取は、全てをインターネットやFAXを通して「自分の好きなときに」行うことができる、便利な時代となりました。今まで「忙しいから」と家においておかざるを得なかった英会話教材が、誰かの手に渡り、役立ててもらえるなら、本当に嬉しいですね。買取業者に電話をしようにも「時間が無い」「なかなか勇気が出ない」と二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

もしも「電話をすることが苦痛なために、買取依頼そのものを止めたい」と考えるなら、それはもったいないことです。「電話をして、お店の人と話してみる」ことには、意味があります。電話で生の応対を体験すると「なんとなく合いそう」「なんだか冷たい感じがする」という「印象」が伝わってくるものです。買取実績や中古教材の販売実績を上げているお店は、それだけ電話対応にも気をつけていますので、丁寧に応答してくれるでしょう。英会話教材は、高額なものですので、安心して買取依頼をできるお店にお願いすることが大事です。

英会話教材の買取は「24時間対応」としているお店もありますので「どうしても、深夜や早朝しか電話できない」「土日にしか電話できない」という人にも、チャンスはあります。買取会社のホームページを見ると「固定電話での見積もり、質問は○○時~△△時」「携帯電話は・・・」「メールは・・・」と細かく営業・応対のできる時間を表示しているところもあります。いきなり一社に決めずに、数社に電話してから決めるという方法もあります。自分の大事にしていた英会話教材を手放すのですから、できるならば「電話で話してみる」ことを心がけてください。

関連エントリー

・英会話教材買取の相場
・汚れや傷のチェックの仕方
・買取業者に「電話する」意味

大量の古本が・・・http://matome.naver.jp/odai/2135344464462906401
参考書の買取専門は受験参考書専門買取センターが人気です。