Top >  >  遺品整理について

遺品整理について

あなたのお身内の方が亡くなってしまった場合に「残されたもの=遺品」をどうするか?と考えこんでしまうでしょう。英会話教材に関しても「故人にとっては価値があったのかもしれないが、遺族には価値がわからない」ということも多々あるでしょう。遺族が休みを取れる期間(忌引きなど)は限られていますし、一人住まいの人が亡くなった場合には、マンション・アパートなどを引き払う必要があり、その前に荷物を整理しなければならない、とパニック状態になるご遺族が多いものです。

最近は「故人の遺品を整理したい」という人のための遺品整理サービスがあります。遺品整理というのは、故人と共に過ごせる最後の時間なので、ご事情の許す限り、遺品整理を丁寧に行うことが、望ましいかもしれません。ただ、どうしても「気持ちの整理がつかない」「遺品に手をつけられない」というご遺族もいますし、気持ちの整理のためにも、一部は業者の手を借りることが大事でしょう。

英会話の教材などは、一括してリサイクルショップに買い取ってもらうよりも、教材買取業者に依頼するほうが、高く買ってもらえます。また「欲しい人の手に届く」「故人の使った教材が、またどこかで誰かの手によって役立ててもらえる」という点も、大きいものです。このほかにも「衣類は古着屋さんへ」「書籍・雑誌は古書店へ」など、できるだけ「高く買ってくれるお店」「後に他の人の手に渡って、役立ててもらえる可能性が高いお店」へ、買取をお願いすると良いでしょう。

関連エントリー

・幼児英会話教材の買取
・本当に買取ってもらって良いか
・詐欺に遭ったりしない?
・古物商とは?
・遺品整理について
・ネットオークションとの違い