Top >  >  本当に買取ってもらって良いか

本当に買取ってもらって良いか

英会話教材の買取は、相場の変動が激しい分「遅れれば遅れるほど、査定額が安くなる」ことになります。もしも「英会話教材を買ったけれど、使う時間がなくて勉強できない」というなら、できるだけ早く買取業者にお願いすることも大事です。一方で「時間を作る努力をしなければ、今後、どんな教材を買っても同じ」ということを改めて考えましょう。一度でも「買取依頼をし、買取が成立する」という経験をすると、「また英会話教材を買う。そして使わないまま買取をしてもらえればいいと、安易に考える」というクセがつくかもしれません。そのことは肝に銘じると良いでしょう。

英会話教材での学習効果が出るには、数ヶ月~1年、2年単位の時間がかかります。効果が実感できる前に「英会話教材を高額買取してもらいたいから」というだけで、さっさと手放してしまうのは、非常にもったいないことです。高額買取は、英会話教材を丁寧に扱ってきた結果です。本来の目的は英会話を習得することですので、それが成しとげられていないなら、「本当に手放して良いのか?」を考える必要があるでしょう。

英会話教材で学べることには、限界もあります。英会話を習得し、活かせるになるには「読む、書く、聞く、話す」という4つの要素を向上させる必要がありますが、CDやDVD、テキスト、ラジオやテレビの通信講座だけを利用していると「話す」という要素がなかなか向上しないからです。「読む、書く、聞く」のスキルが向上し「もう英会話教材は卒業だ」と思えるなら、買取依頼をしても良いでしょう。

関連エントリー

・幼児英会話教材の買取
・本当に買取ってもらって良いか
・詐欺に遭ったりしない?
・古物商とは?
・遺品整理について
・ネットオークションとの違い