Top >  >  買取を依頼するなら

買取を依頼するなら

英会話教材の買取を依頼するなら、まず教材のタイトル、教材の購入年、キズ・汚れ・日焼けの有無、欠品があるかどうかなどを確認しましょう。カードや部品・付録などは、できるだけ順番どおりにそろえておきましょう。説明書や外箱、ケースなども、できるかぎり揃えると良いでしょう。英会話教材の買取業者には、これらの情報を正確に伝えることが大事です。CDやDVDなどは、多少の傷があっても「再生に支障が無い状態」「再生中にノイズが入る状態」「再生が無理な状態」のいずれかによって、買取価格が変わったり、買取してもらえなかったりすることがあります。これらも正直に業者に伝えることにしましょう。

英会話教材の相場は、日々変化していますので、できるだけ早く買取依頼をするほうが良いでしょう。教材の表面についた埃・汚れなどを取り除くと、買取価格が上がることはあります。ただし、強引に埃・汚れを取り除こうとしすぎて、教材が破損することになっては元も子もありません。また、テキスト類・紙製品に関しては、破損の恐れが高いですので、汚れを強引に取り除くのは止めましょう。

買取業者の中には、英会話教材の買取を専門にしているところ、幼児教育や自己啓発などの教材も含めて、様々な教材を買い取っている業者、古書店などが事業の一部門として教材買取をしているというケースなど、様々な業者があります。できるだけ「教材を売った後に、誰かに使ってもらえるか?」を考えて、業者を選ぶと良いでしょう。業者の倉庫に、在庫として眠り続けるという事態になると悲しいので、買い手がすぐつく業者を選ぶのも大事です。

関連エントリー

・買取を依頼するなら
・買取業者を選ぶなら
・チェックされるポイント